システム管理者にとって業務知識は必須です! >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
システム管理者にとって業務知識は必須です! >> 経済 >> TPP交渉21分野の交渉内容と日本への主な影響

TPP交渉21分野の交渉内容と日本への主な影響


先日の日経の記事に「TPP交渉21分野の交渉内容と日本への主な影響」があった。
TPPとは「環太平洋戦略的連携協定(Trans-Pacific Partnership/TPP)」の略で、経済連携協定 (EPA) の一つ。 加盟国の間で工業品、農業品を含む全品目の関税を撤廃し、政府調達(国や自治体による公共事業や物品・サービスの購入など)、知的財産権、労働規制、金融、医療サービスなどにおけるすべての非関税障壁を撤廃し自由化する協定。2006年5月にシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国が域外への経済的影響力を向上させることを戦略的な目的として発効し、運用している。

  • 経済連携協定(Economic Partnership Agreement/EPA)は、自由貿易協定(FTA)を柱として、関税撤廃などの通商上の障壁の除去だけでなく、締約国間での経済取引の円滑化、経済制度の調和、および、サービス・投資・電子商取引などのさまざまな経済領域での連携強化・協力の促進などをも含めた条約である。
  • 自由貿易協定(Free Trade Agreement/FTA)は、物品の関税、その他の制限的な通商規則、サービス貿易等の障壁など、通商上の障壁を取り除く自由貿易地域の結成を目的とした、2国間以上の国際協定である。

TPP交渉21分野の交渉内容と日本への主な影響」について詳細が書かれている記事があったのでご参考までに紹介しておきます。



スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。