システム管理者にとって業務知識は必須です! >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
システム管理者にとって業務知識は必須です! >> 経済 >> 日本国の借金がついに1000兆円突破で国民1人あたり802万円の負担

日本国の借金がついに1000兆円突破で国民1人あたり802万円の負担

日本の借金がついに1000兆円を突破したと日本経済新聞の記事にあった。
これは2011年度末(2012年3月末)の借金残高が1000兆円を突破する。

この日本国の借金とは「国債」の他、「借入金」「財投債」「政府短期証券」などを合計したもので、総額1024兆1047億円との見通し。ちなみに地方自治体の借金もあわせた債務では2009年度末にすでに1000兆円を突破している。




国債とは、国が財政上の理由から資金を調達するために発行する債券。目的別に分類すると、社会資本整備のための建設国債、歳入不足を補うための特例国債(赤字国債)、既存国債の借り換えのための借換国債、財政の一時的な不足を補う政府短期証券などがある。




財投債とは、財政融資資金特別会計が資金調達のために発行する国債であり、財投機関債とは公庫や公団、独立行政法人、あるいは旧政府関係会社などの財投機関が発行する債券である。




政府短期証券とは、国庫の一時的な資金不足を補うために発行される短期の国債。償還期間は2か月程度・3か月・6か月など。財務省証券・食糧証券・外国為替資金証券の3種類がある。



当初の財務省の予測では995兆円だったが、3.11の東日本大震災の影響で11.5兆円の復興債の発行歴史的な円高による為替介入に備えて15兆円増額。更に原発賠償支援機構に資金拠出のため、3兆円増額して5兆円にした。

この日本国の借金(1024兆1047億円)を日本国民(1億2772万人:2011年10月1日時点)で割ると日本国民1人あたり約802万円の借金を背負うことになる。



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
システム管理者 (5)
Windows7 (1)
エクセル(Excel) (1)
用語辞典 (1)
アフィリエイト (2)
朝礼ネタ・金言集 (16)
iPhone (13)
経済 (2)
iPad3 (5)
Windows8 (1)
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。