システム管理者にとって業務知識は必須です! >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
システム管理者にとって業務知識は必須です! >> 朝礼ネタ・金言集 >> なぜ部下は、あなたの言うことを聞かないのか?-朝礼ネタ・金言(リーダーシップ)

なぜ部下は、あなたの言うことを聞かないのか?-朝礼ネタ・金言(リーダーシップ)

なぜ部下は、あなたのいうことを聞かないのか? それはあなたに求心力がないからだ。「求心力があれば、人は向こうから近寄ってくるし、頼まなくても、積極的にその人のために協力するようにもなる」

「部下が言うことを聞かない!」とぼやいているあなた!
あなた自身はリーダーとしてふさわしい人物になれていますか?

多くのぼやいている上司の方々は、部下にとって「いてほしいリーダー」になれていないのではないだろうか?

いてほしいリーダー像とは・・・

・フェアであること
・座標軸がしっかりしていること
・言行一致であること
・実績があること
・それぞれの人への思いやりがあること






なぜ部下は、あなたの言うことを聞かないのか?―成果を10倍上げる「求心力」の高め方

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

システム管理者にとって業務知識は必須です! >> 朝礼ネタ・金言集 >> 限界には限界がない。(イビチャ・オシム)-朝礼ネタ・金言(限界)

限界には限界がない。(イビチャ・オシム)-朝礼ネタ・金言(限界)

「限界には限界がない。限界の定義とは何か。限界とは個々の目標であり、限界を超えれば、その次の限界が生まれる。」

イビチャ・オシム監督(元サッカー日本代表監督)


皆さんは、「目標」として掲げているものはありますか?

仕事の目標、自己研鑽としての目標、プライベートでの目標。
何事も、目指すところがあれば、楽しくないことにでも、頑張ろうという気持ちになるものだと思います。

しかし、「目標」はクリアすることが「ゴール」ではありません。

ひとつの目標をクリアしたら、自然と次の目標がうまれる。それを繰り返していくことが、ステップアップになり、初めにたてた目標が、本当の意味で「糧」になります。

目標に到達するまでの道のりで、「限界」「精一杯」と自分自身でボーダーを引いてしまいがちですが、実際には、自分の「弱音」「泣き言」なのかも知れません。

 何事も諦めずに「限界」を超えて、目標に向かって頑張りましょう!

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

システム管理者にとって業務知識は必須です! >> 朝礼ネタ・金言集 >> 『努力に保証はない』-朝礼ネタ・金言(努力)

『努力に保証はない』-朝礼ネタ・金言(努力)

『努力に保証はない』

「これだけ努力したら、こういった結果がほしい。」
「それが保証されなければ何もしたくない。」

という人が非常に多いのも事実。
しかし万事において保証というものはない。
どんな努力をしても思った通りの結果にならない事の方が実際は多い。

しかし努力しなければ何の結果もでないのも事実。

成功の保証はないけど必死にやる。
それが努力であり、そして努力しない者には何も残らない。

しかし、人に努力しろと言われても、なかなか「やる気にならない」のも人間の性(さが)。

また、人には「努力しない自由」がある事も事実。
「努力しない自由」を知る事で、「努力する自由」を選んだ責任をしっかり受け止める事が出来るとも考えられる。

現状に不満を唱えるだけなら、誰にでも出来るが、変化を本当に・本気で求めるなら「努力する自由」を選ばなければ何も変わらない。

皆さん、努力する自由を選びましょう。 そして、これからの人生を意義のあるものにしていきましょう。
そのためには、まず自らの意思で「努力をする自由」を選択することが重要です。人に決められて動くより、自分で決めて動きたいですよね。

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

システム管理者にとって業務知識は必須です! >> 朝礼ネタ・金言集 >> 夢を叶える方法を教えて欲しい(ウォルト・ディズニー)-朝礼ネタ・金言(夢・希望)

夢を叶える方法を教えて欲しい(ウォルト・ディズニー)-朝礼ネタ・金言(夢・希望)

人々は、夢を叶える方法を教えて欲しい、と言ってくる。それは努力することで見つかるものだ。


ウォルト・ディズニー(アメリカの漫画家、アニメ製作者、映画監督、実業家)
『ウォルト・ディズニーがくれた夢と勇気の言葉160

つまりは「かなえたい夢があるなら努力をする、努力をしなければ夢はかなわない」ということです。

何か成功を成し遂げた人は「人の見ていないところで努力をしている」ものです。
よく例えられるのが湖を優雅に泳ぐ「水鳥の水かき」があげられます。

皆さん、努力をしていますか?

折角の努力も途中で諦めてしまっては意味がありません。
「途中で諦めない」とは・・・「成功するまで続ける」ことです!

成功するまで続ければ失敗することはありません。
やり始めた努力であれば、夢をかなえるまで諦めないで下さい。

 


ウォルト・ディズニーがくれた夢と勇気の言葉160

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

システム管理者にとって業務知識は必須です! >> 朝礼ネタ・金言集 >> やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ(山本五十六)-朝礼ネタ・金言(リーダーシップ)

やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ(山本五十六)-朝礼ネタ・金言(リーダーシップ)

やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ。

これは山本五十六元帥(連合艦隊司令長官)の非常に有名な言葉ですので、知っている・聞いたことがある方も多いかと思います。

元々、この言葉は上杉鷹山(うえすぎようざん)の「してみせて 言って聞かせて させてみる」を参考にしたと言われており、この言葉の最後に「ほめてやらねば 人は動かじ。」と加えたところに山本五十六らしさがでており、「人を動かすこと(リーダーシップ)」を目的として、人を動かすには「ほめてやる(報奨を与える)」ことが最も重要であることを示唆していて、企業経営における「報奨金制度」の元になったとも言われ、人財マネジメントや経営管理等の学問にも影響を及ぼしています。

また、この「やってみせ・・・」の言葉ですが、実はこれには続きがあります。


やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ。
話し合い耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず。
やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず。


この「話し合い耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず。」ではまさしく人財育成を主眼におき、「話し合い耳を傾け(現場主義)」では相手の話を聞いて理解することでコミュニケーションをとること。次に「承認し 任せてやらねば(責任・権限一致の原則)」では、まず相手の考えや価値観を承認することで評価することと、その上で任せることで責任を与える、これが「人を育てる」ことになると説いているのではないでしょうか。

最後に「やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず。」では、更に部下が自身にて成長(人が実る)するのに必要なことを述べており、前の句で「承認し 任せて」いるのであれば、あれこれ口を出さず「やっている 姿を感謝で見守って」いるだけでよく、そこで重要となるのが「信頼せねば」で言っている相互信頼です。

本当に信頼をしているのであれば「あれこれ口を出す必要はなく、やっている姿を感謝で見守る」くらいの余裕があるはずです。これができると部下も本当に信頼されていることを実感して、その信頼に応えるべく努力することができるのではないでしょうか。信頼している人からの言葉であれば「命令も素直に聞ける(権限受容説)」はずですよね。

山本五十六とは・・・
山本五十六元帥は、三国同盟や日米開戦にも反対していたにもかかわらず、太平洋戦争海戦時には連合艦隊司令長官として、海軍の指揮をとる立場として真珠湾攻撃、ミッドウェイ海戦を指揮しており、旧日本海軍軍人の中でも傑出した名将としての評価が高い。


 


「やってみせ」 額入り(焼きスギ)



山本五十六 (上巻)


山本五十六 (下)

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。